家づくりの流れ | 中垣建設WOODBOX

WOODBOXシリーズ

一生に何度もない家づくり。
建てて後悔しないために、しっかりとしたプロセスで家を建てることをおすすめしています。
まずは、検討中の段階でご相談ください。
皆さまのライフスタイルや将来のこと、趣味や日々の過ごし方などを伺って、WOODBOXをはじめその他の様々な商品ラインナップから、最適な住まいをご提案いたします。

  • 出会い・ご相談の
    お申込み

  • 資金計画・
    ローン事前相談

  • 土地探し・
    プランニング

  • 地盤調査
     

  • 地鎮祭
     

  • 基礎工事
     

  • 上棟・上棟式
     

  • 完成・引き渡し
     

  • アフター
    メンテナンス

  • 出会い・ご相談のお申込み

    「WOODBOX」に、少しでもご興味をもっていただいたら、お気軽に資料請求やお電話・メールでお問い合わせください。

    後悔しない家づくりをするために、まずは“どんな家に住みたいか?”お客様の理想をお聞かせください。

  • 資金計画・ローン事前相談

    ローンや税金など、家づくりにはお金に関する難しいことがたくさんあります。自分たちはいったいいくらぐらいお金を借りることができて、無理なく支払っていける金額はいくらなのか?

    中垣建設ではお客様のイメージとともにご予算のバランスを考えながら資金計画のお手伝いをします。

  • 土地探し・プランニング

    まだ土地をお持ちでない方は、土地探しからお手伝いします。
    総予算を考慮し、土地と住まいを一緒に検討することで、間取りや設備等で妥協しない家づくりを目指します。

    お客様の思い描くライフスタイルを実現するために、敷地の条件や環境をしっかり把握し理想の住まいをつくるためのプランニングをいたします。

  • 地盤調査

    家作りの基本となる地盤調査を専門家が正確に行います。

    地盤調査後に地耐力が不足している場合には、地盤改良の工事を行います。

    将来にわたって安全・安心な住まいを実現するためにとても重要な作業です。

  • 地鎮祭

    着工に先立ち、お日柄の良い日に地鎮祭を行います。

    土地を守る神様にその土地を使用する許しを請い、工事の安全と家の繁栄を祈願します。併せて近隣の方々へのご挨拶も済ませましょう。

  • 基礎工事

    いよいよ家づくりのスタートです。

    建物と地面のつなぎ目となる基礎(土台)をつくっていきます。基礎工事は安全な家づくりをするための重要工程です。

  • 上棟・上棟式

    基礎工事が終わると「棟上げ」という、柱を立て、家の躯体をたてていく作業が始まります。建て方、建前、上棟とも呼ばれます。

    棟上げが終わると「上棟式」という棟上げをお祝いする儀式を行います。
    上棟式では工事中から家を建てた後もずっと、建物の無事を祈ります。          

  • 完成・引き渡し

    ついにお客様のマイホームの完成です。お客様立会いで、基礎や構造・設備・仕上げなどの工事が正しく行われているか、注文通りに仕上がっているか、内装や内部建具に汚れや傷がないかなど確認いたします。

    チェックが無事完了しましたら、晴れてお引き渡しとなります。

  • アフターフォロー

    中垣建設は、お客さまに安心と安全の暮らしをしていただくために、定期的に訪問・点検を行い、お困りごとを解決します。

    建てて終わりの家づくりではなく、建てた後も客様とつながりを保ちたいと思っています!