社長の家づくりブログ

HOME > スタッフブログ > 空間を利用して家の中でも緑を楽しむ

2020/02/25

空間を利用して家の中でも緑を楽しむ

空間を利用して家の中でも緑を楽しむ

 

植物で室内をブラッシュアップ
グリーンに癒し効果があることは、広く知られています。
現在は植物を育てる鉢もデザインが豊富になり、インテリアとして植物を楽しむ人が増えました。植物の大きさも人の背丈ほどあるものから、手のひらに乗るくらい
可愛いものまでバラエティに富んでいます。

屋内でグリ ー ンを育てる「インドアガー デニング」
こんな方におすすめ 
●冬は寒くて外での世話がつらい・・・ ●手軽にガーデニングを始めたい ●庭がない、ベランダやバルコニが狭くて育てる場所がない

インドアガーデニングとは、屋内で植物を育てることをいいます。室内で育てている鉢植えの観葉植物もインドアガーデニングの一種になります。屋外で行うガーデニングに比べて手軽に始められ屋外で行うガーデニングよりも気候や虫の影響も受けにくいですし、病気にもかかりにくいメリットがあります。インドアガーデニングに向いている植物は乾燥に強いものが多いので、水やりもそれほど頻繁に行わなくても大丈夫です。家を空けることが多い人でも気軽に植物を育てられます。

 

シンプルなキッチンには、
 観葉植物をワー クトップに置くだけではなく、鉢を吊るしたり高い位置に置くことで 空間に
動きが生まれ非日常感がでてカフェのような雰囲気になります。

シンプルな木製のダイニングテーブルには、
 観葉植物の緑が映えます。机の上で楽しめ、食事の際に邪魔にならないような、
小さなミニ観葉植物を置くのがおすすめです。

イレに置くと
アクセントになり、爽快感や清潔感を演出することができます。 
トイレは日当たりが悪く窓がない場合も多い場所なので、小さく耐陰性のある観葉植物が向いています。

葉の緑色が目の疲れを緩和し、心身の疲れをほぐします、
植物が呼吸することで部屋の空気を循環させる効果が期待できます。大きすぎず小さすぎないサイズを選ぶのがおすすめ

 

 

初心者にもおすすめ!育てやすい観葉植物!

「アイビ ー 」
アイビー はリビング・玄関· キッチンどこでも育てられます。換気をこまめにし、士が乾いたら水をあげましょう。

「ガラュマル」
夏は半日陰に、冬は日光が当たりやすい場所に置き、水やりはある程度乾き気味にしましょう。

「パキラ」
成長が早く剪定にも強いので好みの樹形に育てることができ、日陰・日向のどちらでも元気に育ちます。

 

 ホコリが溜まリやすい!観葉植物のお手入れの仕方って?
室内で育てるときは、葉などにホコリが溜まりがちです。ホコリが溜まると葉が白っぼくなり見栄えが悪くなります。水やりをするときに、ハケなどで軽く払うようにしましょう

豊田市の注文住宅について無料相談受付中