社長の家づくりブログ

HOME > スタッフブログ > 季節を問わず快適な木の家の暮らし

2021/02/11

季節を問わず快適な木の家の暮らし

季節を問わず快適な木の家の暮らし

暑い夏に寒い冬、季節を問わず快適な木の家

雪の多い地域には瓦に雪止めを取り付けます

雪の多い地域には瓦に雪止めを取り付けます

無垢の木と自然素材に囲まれる和モダンなガレー ジハウスには快適に暮 らす工夫がいっばいです。例えば、2階の天井まで見通す吹き抜けからは、夏は心地よい風が通り抜け、冬にはあたたかい陽の光が降り注ぎます。和の趣を加える土間と廊下を隔てる壁の障子の小窓は夏は開いて風を通し、冬は閉めて外からの冷気を遮ります。深い軒のガレー ジは夏は雨から車を守り、雪の季節も玄関からガレージまで雪かきの必要がありません。夏も冬も、1年中快適な木の家で暮らしてみませんか?

 

 

居心地の良い場所を家の中と外につくる

 

 

 

 

 

家全体の温度差をなくす「全館空調システム」を搭載してより快適に

「全館空調システム」を採用すれば1台のパッシブエアコンから家全体を巡るダクトを通して、夏は冷たい空気、冬は温かい空気を各部屋に循環させることで室温のムラをなくすことができます。開放的なリビングの吹き抜けも1階と2階の空気の通り道の役割を持っています。パッシブエアコンの本体は小屋裏に収納、建築と空調設備が一 体で計画されることで、屋内も屋外もすっきりと収まります。

 

冷たい空気は頭上から、温かい空気は床の吹き出し口から送ります

小屋裏に収めたパッシブエアコン本体

 

 

 

 

 

 

 

 

1年中活躍する広々としたガレー ジスペー ス

たくましい梁を見上げるガレー ジスペー ス

                 

 

 

 

 

 

 

 

ゆとりのスペ ー スは使い道多数

大屋根に覆われたガレー ジは深い軒で玄関まで繋がっていて、雨や雪が降る日にも濡れることなく車と家の中を出入りできます。リビングの掃き出し窓とも繋がっているので、たくさんの買い出しをした日の車からの荷物の上げ下ろしなどにも便利です。天気の悪い時期の洗濯物干場はもちろん、日射しの強い夏にも良い日影になります。気持ちのいい風も抜けるので、子どもの遊び場やDIYの作業場にも最適です。コンロを置いて家族や友人を招いてバー ベキュー をするのも楽しいですね。